1. HOME
  2. お知らせ
  3. 現場見学会の下見をしてきました!

NEWSLETTER

会報・ブログ

現場見学会の下見をしてきました!

今週になってから秋らしい気温になってきましたね。
STEP9月号でもお知らせしましたが、11月8日(火)に現場見学会を開催します。初めての試みなので、何名の方が集まってくださるのか不安ですが。。。とにかく、やってみますので、是非ご参加ください!

さて、その見学会を行う場所を下見してきました。今回の行程は、新大阪駅発~和歌山県岩出市の現場~昼食~滋賀県大津市の現場~京都駅解散を予定していますので、岩出市と大津市の現場へ。

まずは岩出市の現場です。場所は和歌山県岩出市の根来寺の近くで、自動車専用道路(紀北西道路)建設に伴う斜面の安定化と森林回復のための工事を行いました。2015年3月に竣工して、来年春には道路も開通予定です。上の写真は現場を少し西寄りから撮影しました。

全天候フォレストベンチ工法を採用した斜面のちょうど下は、道路がチューブの中を通っています。まだ竣工から半年なので、木の生長はあまり見られませんでしたが、周りの山に溶け込むような風景になることを期待しています。上の写真はほぼ正面から撮影。

見学会当日は、このような遠景になると思います。少し歩いていただくと多少近づけます。

次は大津。少し暗い写真ですが、真ん中の水路を挟んで両側に全天候フォレストベンチ工法が採用されています。当初はコンクリートで覆われた斜面でしたが、2005年2月に景観修復のため工事が行われました。すでに10年以上が経過し、立派な森が再生されていました。

左側の斜面です。間伐材に損傷が認められますが、構造自体に問題はなさそうです。木々がしっかり生長し、おそらく根張りも十分だと思われます。

右側の斜面です。こちらは間伐材の損傷も少なく、上部はさらに森が大きくなっているように感じます。日の当たり具合や雨の当たり具合で違うのでしょうか。

水路を奥に進むとこちらも全天候フォレストベンチ工法が採用されていました。各段には自然の草が生えています。こちらも一部間伐材に損傷が認められますが、手入れも簡単そうに見えます。とくに大きな重機も必要なさそうです。

近くには西国三十三所観音霊場の第十三番札所の石山寺があります。瀬田川の畔できれいな場所でした。

この日はまだ紅葉していませんでしたが、見学会当日はきれいな紅葉を見ることができるかもしれません。
みなさんお誘いあわせの上、奮ってご参加ください!

最新記事