それぞれの寿命

カテゴリー:

フォレストベンチ研究会 自給シニア会会員 公文國士

2019年9月12日早朝、面白いニュースが飛び込んできた。太陽系以外の惑星で、初めて水を検出したと英国・UCL(ユニバーシテイ・カレッジ・ロンドン)のギリシャ人研究者らが発表した。水の存在が明らかになったのは、地球から約110光年の距離にある惑星「K2-18b」。地球の2倍の大きさ、重量は約8倍あるそうだ。存在自体は4年前に確認されていたそうだが、宇宙望遠鏡で集められたデータを分析した結果、大気中から水蒸気が見つかったそうである。2年後には、より高性能な宇宙望遠鏡を打ち上げ、生命の痕跡をより詳しく調査する予定という(テレビ朝日 051ch)。

大変な朗報です。というのは、地球もいつまでも生物の生存に適した環境を維持できるわけではないからです。17億5000万年後には、荒涼とした惑星となり、殆どの生物は死滅するといわれている。多分、現在の火星のような状態になるのでしょう。もしこの時代まで幸いにも人類が生き延びていれば、当然引っ越しを余儀なくされる。しかし残念ながら、ご近所には適した場所がない。ご近所どころか、かなり広範囲な宇宙空間を探っても、今現在、人類の生存が可能と断定できる惑星は、見つかってはいない。

地球型の生命体に水は欠かせない。この水のおかげで実に多種多様な生物が地球には存在する。それらの生物にはそれぞれの寿命がある。この世代時間は、体の大きさと体温という2つの要素によって大まかに決まるそうだ。人間も現在では100歳~120歳を伺おうかという、比較的長寿な生き物となって来た。すごいものだと感心していたら、とてつもない長生きの動物がいた。

ニシオンデンザメという北極を含む北大西洋の高緯度海域に生息する超大型のサメだ(「進化の法則は北極のサメが知っていた」 渡辺祐基 河出新書)。最大で体長は6m、体重は1トンにもなるそうだ。世界で500種以上いるサメ類の中でもとりわけ低温に適応した種。水温ゼロ度前後という極めて冷たい海の中で暮らしている。その寿命は、400年と推定されている。成熟するまで150年を要するという。現在知られている限りでは、最長の寿命を持つ脊椎動物である。最年長のニシオンデンザメは、江戸時代初期の生まれということになる。

人も含めて恒温動物が熱を保持する仕組みとして、対交流熱交換器(counter-current heat exchanger)と呼ばれる特殊な血管の配置が大事な役目を果たしているという。温度の異なる2種類の血管が、逆向きに隣り合っていることにより、熱のやり取りが起こる。このおかげで体の中心部は温度が高いが、体の末端部や表面は冷やされることになる。この仕組みは体温保持にも、また逆に体内温度が上がりすぎた時の冷却という双方の役割を果たす。ニシオンデンザメは、この機能を最大限活用している動物といえそうだ。更にエネルギーロスを極力抑えるために、遊泳速度は時速800メートルの超遅速であるという。

ニシオンデンザメ(画像資料)
Credit : Julius Nielsen, University of Copenhagen
https://www.dplay.jp/article/0000005593

地球も生物ではないが、常に活発に活動しています。考えてみれば、私たち地球上の生物は、火の玉の上で生活をしてきたのだ。平穏な時ばかりでないことは、至極当然の話だ。特にここ近年の自然現象は年々苛酷さを増している。まさかニシオンデンザメのように、地球活動を緩やかにと望むわけにもいかない。それはそれで、また別の大きな問題を引き起こす。災害に対処するためには、可能な限りの防御対策と非難場所の確保が不可欠です。

フォオレストベンチ工法は、自然が持つ地力の助けを受けるための手段です。しかし少しだけ手を加えます。それは樹木根が十分に育ち地面に定着するまでの期間、斜面を補強するためのものです。