第20回総会報告:環境保全への決意を新たに!

カテゴリー:

フォレストベンチ研究会 会長 村沢義久

今年は長梅雨でしたね。この稿が皆様のお手元に届くころには夏らしくなっていることを願っています。最初に総会の報告をし、その後で私からの特別報告をします。

総会の報告

6月19日、都道府県会館にて令和元年度(第20回)定時総会が開かれました。平成30年度事業報告の後、以下の3つの議案について説明がなされ、全て承認されました。

  • 第1号議案 平成30年度収支報告
  • 第2号議案 令和元年度事業計画(案)
  • 第3号議案 令和元年度予算(案)

続いて恒例の講話・報告がありました。概要は以下の通りです。

畠山重篤様(NPO法人・森は海の恋人理事長):「変わりゆく海辺とこれからの暮らし」。畠山氏は、最近「牡蠣の森と生きる」(中央公論社)を上梓されました。

日置道隆様(輪王寺住職):「津波対策は巨大防潮堤によって万全になるか?」。小動物や鳥たちが生育し、多様で自然循環ができている森のお話が印象的でした。

村井俊治顧問(東京大学名誉教授、㈱地震科学探査機構会長):「巨大地震予知の今後とフォレストベンチ工法の役割」。これまでの理論に加えて、新たに「ミニプレート理論」などの紹介がありました。日本の地震予測の主流になる日が待たれます。

河西悦子様(桂川・相模川流域協議会代表幹事):「環境と防災は階段状森造りから」。コンクリートに代わる斜面づくりの重要性や自然河川への回帰のお話がありました。

戸村澄夫様(㈲トムラ不動産鑑定 不動産鑑定士):「自然は自給の森づくりを目指している」。戸村様は、自給シニアの会代表でもあり、長年培った人脈等を活かしてフォレストベンチ工法を社会に広げることを目指しておられます。

工栗原光二様(フォレストベンチ研究会理事):「コンクリートのり面から“森と安心を育む”悠久の階段」。フォレストベンチ工法の創始者である栗原氏からコンクリートを見直すような話があり、大変印象的でした。

このあと、村井顧問から講評があり、総会は無事閉幕しました。なお、遅れて参加された森田実様(政治評論家)からは、懇親会の席で、フォレストベンチへの期待についてのお話がありました。

特別報告:一歩先を行くイタリアのEV活用

今回の講話・報告でも、地球環境を守ることの重要性が強調されました。私はフォレストベンチの工事には直接タッチしていませんが、太陽光発電と電気自動車(EV)の普及に努めており、目的は共通であると考えています。

最近は、都市部におけるEVの活用法について、各国の状況を調べているところです。その一環として、6月最終週に家族旅行を兼ねてイタリアを旅行してきましたので、今日はその話をしたいと思います。私がEV化のモデルにしたい国は中国ですが、動きが速すぎてちょっと付いて行けません。しかし、日本の一歩先を行く程度のヨーロッパ各国からは、何かと参考になる点が多いのです。

最初の宿泊地ミラノではカーシェアリングが盛んで、EVも何割かありました。使われているのは、日本でいう「超小型モビリティ」(軽自動車より小さい1~2人乗りの車)です。ミラノ中央駅近くにはEV専用の充電所もあり、何と15台が同時に充電できるものでした。充電中の車のうち2台は中国ZD製「E20」で、残りは全てルノーの「Twizy」でした。

中国の深センや上海では、市内を走るバスのほとんどがEVになっていますが、今回3番目に訪問したフィレンツェでも主力は電気バスです。サンタマリア教会から町の東側にあるベカリア広場まで乗ってみましたが、非常に静かでスムーズ。地元の人も、「ディーゼル車と比べて臭いがなく乗り心地もはるかに良い」と言います。

さて、日本はどうでしょうか。メーカーとして日産が世界のトップ5に食い込んで健闘していますが、EVの活用という点でまだまだ後れています。カーシェアリングはぼつぼつ普及し始めていますが、イタリアのように超小型EVを活用したいところ。バスの電動化も必要です。私の住む軽井沢でも町内循環バスが走っていますが、近いうちにEV化の提案をしようと考えているところです。

さて、最後になりましたが、最近、軽井沢の西方でフォレストベンチ工法の候補地をまた一カ所見つけましたのでその写真をシェアします。こういう不自然で醜い斜面が、自然とマッチしたフォレストベンチに代わる日が早く来ることを祈りつつ。