生命を育む仕事

カテゴリー:

フォレストベンチ研究会 理事 畠山重篤

平成31年3月11日 今日は8年目の東日本大震災記念日です。

朝から氷雨が降っていて心が暗くなってしまいます。被災直後は命を繋ぎ止めることに無我夢中で取り組まなければなりませんでした。でも、少し落ち着いてくると、この先どうして暮していったらいいのかという不安感が襲ってきます。

牡蠣養殖業という親父の代から70年余りも続いている家業が破滅的な被害をうけてしまったのです。 海に浮かんでいる養殖筏、作業船、加工場、冷蔵庫など、が見るも無残な形に、変わり果てています。 しかし、それ等のものは長期的な返済計画を示せば、融資を受けて復活することはできるでしょう。経験的に知っていることです。

問題は、海の環境が、生き物を育む力があるかどうかです。震災直後の海辺は、生き物の姿が全く消えてしまった死の海です。ある学者は、真っ黒に濁った海を指して、毒の海と表現したのです。毒の海では生き物は生きていけません。そこで深く考えたことは、“失われた生命は金では買えない”ということです。“生命を育くむ自然”と置き換えてもいいと思います。牡蠣養殖業という仕事は文字通り、生命を育くむ仕事なのです。福島原発事故のニュースも流れてきていましたのでそのことを強く感じました。

三陸リアス式海岸(舞根湾)

しかし、5月になって、海辺で遊んでいた小学生の孫たちが知らせてくれました。“おじいちゃん、海に魚がいる”と。たしかに、小魚が群れていました。小魚がいるということは、動物プランクトン、それに続く植物プランクトンがいる、ということです。

「食物連鎖」という言葉が頭をかすめました。植物プランクトンがいる,ということは牡蠣の養殖ができるということです。牡蠣の餌そのものだからです。金では買えない、自然が残っているということです。養殖業を復活させることができるのではないか!! そんな気持ちが膨らんできました。

そんな時、京都大学名誉教授、魚類学の田中克先生から連絡がありました。「千年に一度という大津波の後の自然がどう変遷しているかを調査するチームを結成しました。準備が整い次第行きます」というのです。

田中先生は、森から海までの自然を俯瞰して研究する「森里海連環学」を提唱して設立された「京都大学フィールド科学教育研究センター」の初代センター長でした。5月に入って調査チームが舞根湾に到着しました。先ずプランクトンネットを沈めてプランクトンの調査です。

東日本大震災直後に確認された植物プランクトン

顕微鏡を覗いている田中先生を固唾を飲んで見守っていました。やがて、「畠山さん、安心して下さい。牡蠣が食い切れないほど、植物プランクトンがいます。森は海の恋人運動の勝利ですね。湾に注ぐ大川流域の環境保全運動を続けてきたことが功を奏しています。特に新月ダム建設計画が中止になったことの影響が大きいですね」と。田中先生は有明海に注ぐ大河筑後川を上下する魚の研究を30年間も研究されていて、河口堰やダムの弊害を熟知されていたのです。

リアス式海岸の名前の由来(リアス)はスペイン語で「潮入れ川」の意味。リアの語源はリオ(川)です。元々川が削った谷に、後で海が侵入したのです。つまり、主役はリオ(川)なのです。

森の養分が海に届かないことには、海の生き物は育ちません。大津波からの復活は、川の流域の環境を整えることの重要性が証明された出来事でもあったのです。