1. HOME
  2. フォレストベンチ工法とは
  3. 現場だより
  4. 現場だより(平成28年6月)

現場だより

現場だより

現場だより(平成28年6月)

◆6月8日(水)、5年前に竣工した真鶴町の大久保邸のフォレストベンチを久しぶりに見に行きました。

◆神奈川県の「地盤品質判定士の方々」がフォレストベンチを勉強したいと動き出され、狭い施工場所を探しておられ、大久保邸の状態を見せて欲しいとの要請を受けたからです。

◆神奈川県は横浜市や川崎市を中心に急傾斜地が人口密集地となっており、毎年、人命が失われる事故が起きています。横浜市の林文子市長が“この問題は根絶すべし”と号令を発せられ、その対策に乗り出されたとの説明でした。

◆傾斜面に無理な土地利用、コンクリート擁壁の多用が目立っており、大久保邸の7年前の災害(工事は2年の空白後)は、正にそのような状況下での事故でした。

◆首都直下地震や南海トラフ地震の脅威を抱える大都市は、首都圏には無限に広がっています。

◆フォレストベンチの有効性に注目が集って、経済的で景観の良い防災工事が進むことを願っています。