1. HOME
  2. フォレストベンチ工法とは
  3. 現場だより
  4. 現場だより(平成28年4月)

現場だより

現場だより

現場だより(平成28年4月)

◆4月14日(木)の夜から始まった熊本地震は16日未明にM7.3を本震として北部・南部方向に拡がりながら無数回の余震によって、国民に地震の恐ろしさを伝えています。

◆九州北部豪雨の爪痕を見ようと阿蘇地方を訪れたのは4年前と記憶しますが、南阿蘇町の斜面災害や熊本城の石垣崩壊を見ると、地震と豪雨を同時に防災する「複合防災力」というフレーズが頭に浮かびました。

◆巨大地震の可能性は全国的なものであり、これからの梅雨や台風に備える防災と重なることが十分にあり得るからです。

◆千葉での工事が完了し、目下のところ受注待ちの状態で「現場だより」の題材にも欠けることから、「複合防災力」を発揮できるのはフォレストベンチ特有のものということで、取り上げて見ました。それは「環境 保護」の側面から 地球の自然を根幹から改善することによって可能であると確信します。

◆「複合防災力」は、「特別警戒 区域の指定解除」にも、関係してくるのではないかと期待しています。レポートは出来上がりましたので、ご興味のある方にはメール等でお送り出来ます。ご希望をお待ちしています。

◆尚、フォレストベンチ研究会は来る6月29日(水)午後1時30分から総会、午後5時30分より懇親会を開催します。会場は例年通り永田町の都道府県会館です。多数の皆様のご出席をお願い致します。