1. HOME
  2. フォレストベンチ工法とは
  3. 現場だより
  4. 現場だより(平成28年3月)

現場だより

現場だより

現場だより(平成28年3月)

◆この1月に受注した千葉県安房郡鋸南町の工事は、2月から本格的な施工に入り、3月28日(月)に施主へ引き渡す時期となりました。

◆次の号で写真をご披露できたらと願っておりますが、最下段だけ間伐材で被覆することとなりましたので、美しく仕上がることと期待しています。

◆着工する前は、両隣の住民の方への説明、立会いに際し、誓約書灯なるものを要求され、やっかいな現場になるかと懸念しました。

◆しかし、工事が進むにつれて通りがかりの人達や役所からの見学者も訪れるなど、周りの目も暖かく感じられるようになりました。

◆この裏山には、植生の無い凡そ30°の傾斜が50m程続いており、そこからの落下土砂を止めるのに「透水衝立」を提案し、採用されました。

◆日野市では、住宅の直上に設けて、工事中の土砂落下にも備えましたが、ここではフォレストベンチの上側へ設け、長大な傾斜地からの土砂落下に備えました。透水衝立工とフォレストベンチ工法とのコラボは、局地的豪雨から住宅を守る決定打となることを期待しています。

◆首都圏では、特別警戒区域の指定解除が大きな課題ですが、東京都と千葉県とで透水衝立は2件目の施工となりましたので徐々に事例を増やし、資金に余裕が生じれば、札幌での実験に引き続いて実証実験に取り組みたいと、願っています。